So-net無料ブログ作成
検索選択

宝塚BOYS [ステージ]

img_910706_24827093_0.jpg

昨年の初演は完売で観ることができなかった宝塚BOYS
今年の再演は譲渡版で譲ってもらえてやっと観ることができました。
何と2列目という席でした。

シアタークリエはレベッカ以来2度目の劇場です。
道を挟んだ向かいに東京宝塚劇場があるこのシアタークリエで宝塚BOYSが上演されるのも何か縁めいている気がしました。

出演は柳家花縁さん、葛山信吾さん、吉野圭吾さん、山内圭哉さん、初風諄さん、山路和弘さんなどです。花縁さんは人気落語家で最年少真打、小さんさんのお孫さんですが、小さいころからバレエピアノを習っていたそうで、舞台上でもピアノやバレエの才能をみせてくれます。お兄さんは元バレエダンサーで現在俳優のの小林十市さん。お兄さんの方がちょっとカッコイイけどね。お兄さんの舞台は2度ほど見ています。

お話は昭和20年8月15日から始まります。戦後、女の園宝塚に一時期男子部があったそうです。でもその男子部は、日の目を見ることなく解散してしまったという実話です。

ラストシーンでは、幻の男子部のレビューに、笑いながらもせつなくて涙が出ました。
一生懸命に「♪すみれの花 咲く~頃~♪」をとっても幸せそうに歌う姿は感動的です。

出演者では、山路さんがいいですね~ とっても渋い!!何だかドキドキしちゃう色気がありました。
葛山信吾さんは意外と歌もお上手なんですね。カッコよくハンサムで歌も上手!!揃ってますねー

初風さんは、最初掃除のおばさんで出てきたときに初風さんだとわかりませんでした。うまいですね。
エリザベートの皇太后から掃除のおばちゃんまで幅広いです。
このおばさんはタダものではないな!と思っていたのですが、娘役のセリフ稽古のときやレビューではやはり元トップ娘役で初代マリーアントワネット!オーラがありますね。

吉野圭吾さんは、ラストのレビューではピカイチのダンスメイクもばっちりで隣の宝塚劇場の男役さんかと思ってしまうほどでした。綺麗!!

存在感をだしていたのは山内圭哉さん、いつものつるつる頭や関西弁を活かしつつ、笑いをとっていました。

東京公演は8月までで、この後は兵庫公演だそうです


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。